2018年2月14日水曜日

2018.02.14-個展も残り5日。

個展も残り5日となりました。
あっという間です。

昨年秋とそして今回と、
この時期に、このタイミングで、一と二と続く個展を、
なによりここで個展をさせてもらえて、
本当によかったです。
続く展示を、そして
冬のこの時期にも快くギャラリーを開けて下さった
オーナーの大井さんにも本当に感謝します。

創るということが、自分にあってよかったです。

残り数日となりましたが、
ギャラリーに個展を見に来て頂けると幸いです。


個展会場にも同じような言葉を残してきました。


—山をみることにしました、ある時から。
山に語りかけることにしました。
太陽に手を合わせることにしました。
その奥にいる、大きな存在を見つめることにしました。

きっと、良いも悪いもないのだろう。今いる場所を良しとすること。

おなじ場所に居て、おなじように日々を過ごす。
おなじようにアトリエに来て、
おなじように筆を握る。

私にとって此処がすべてです。
此処がすべてで、此処は無限に開かれている。

神様の手の中でころころと、ゆらゆらと。すべてのものが一つの中にいた。
そんなことも思いながら、

明日もまた、同じように絵筆を取っているんだろう。







-鈴木果澄 個展
ある神話のはなし
二、その先に在った風景のはなし。
2018年2月3日(土)-2月18日(日)
11:00-17:00 / 2月13日(火)休廊
ギャラリー門馬/ 札幌市中央区旭ヶ丘2丁目3-38

_______________________


あらゆることを、道しるべとして
その先に在った風景のはなし。
此処が神さまの
手のひらの中なら、
すべては もう此処にありました。
真っ白で、なにもなく、
足りないものも なにもなく。
避けては通れぬ道も
凍える朝も、
そのすべてが、
神さまの手の中で、ころころと。
見渡せば、
この世界は彼らの呼吸や気配が
広がっていました。
私たちよりもずっと
彼らが多くを成していました。
そのことを思い出した時、
重すぎた角は
静かに切り落ちてゆきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿