2012年7月5日木曜日

ガイアナイト2012

7月7日、今週の土曜日ガイアナイトの日に、札幌テレビ塔の下で、キャンドルアートを行います。

ガイアナイトとは、
『「ガイアナイト」は脚本家・倉本聰さんが命名されました。
“ガイア”はギリシャ神話の大地の女神「闇が半日を覆う本来の地球を認識する夜」という意味が込められています』

自分も小さな行動を積み重ねて、
小さな行動を次へ次へ繋がるように。
そしたら、きっと、短い糸もいつしか長い糸になってると思うんで。

14時頃〜テレビ塔下でキャンドルの地上絵制作をしています。19時にはキャンドル灯ってますょ(^ ^)
是非来れる方、来てくださぃ(^ ^)
お昼の時なども通りかかったりした方、是非声かけてください(^ ^)

坂本龍一の『いまだから読みたい本』を読んだ。その中に書かれてた、茨木のり子さんの詩。『大男のための子守唄』
ーーーーーーーーーーーー
夜 冴え冴えとするなんて
それは例外の鳥だから
まぶたを閉じて 口をあけ
お辿りない 仮死の道

鳥も樹木も眠る夜
君だけぱっちり眼をあけて
ごそごそするのはなんですか
     
心臓のポンプが軋むほどの
この忙しさはどこかひどく間違っている
                 間違っているのよ 

おらが国さが後進国でも
駈けるばかりが能じゃない
     
大切なものはごく僅か
たいせつなものはごく僅かです
           
あなたがろくでもないものばかり
作っているってわけじゃないけれど
お眠りなさい 大男
     
あなたは遠く辿っていって
暗く大きな森にはいる
そこにはつめたい泉があって
     
ひっそりと燦めくものをふきあげている
あなたは森の泉から
一杯の清水を確実に汲みあげなければならない

ああ それが何であるかを問わないで

おやすみなさい 大男

一杯の清水を確実に汲みあげてこなければならない

でないとあなたは涸れてしまう

お眠りなさい 大男
     
二人で行けるところまでは
わたしも一緒にゆきますけれど

            

0 件のコメント:

コメントを投稿