2013年7月17日水曜日

個展制作記-4



ある時から、樹を描こうと思ったらオオカミが出て来て、
オオカミを描こうと 思ったら、樹になってしまうって時があった

ある時こんな事をずっと考えていた。
『オオカミは、狼と書くけれど、大神とも書くんじゃないかな』って。
そんな事をずっと考えていた。

今回、個展会場に飾ってる絵の一枚、
『狼と大神森の唄』

絵って、
自分が描こうとしてる世界から、違う世界が現れてくる事がよくある。

きっと、心の奥底でこう描きたいってのがあって
手が自然とそう動いていったりする時があるんだろうな。

個展会場に『狼と大神森の唄』の絵には、本もあります。^^

『この地に樹を植えよう、たくさんの樹を。
 心に樹を植えよう、たくさんの樹を。

 オオカミの魂は、この地にまだきっといる。』



0 件のコメント:

コメントを投稿